万華鏡工房 涸井戸

万華鏡工房『涸井戸』について

万華鏡工房「涸井戸」について。  About DryWell
名 称
  万華鏡工房 涸井戸(かれいど) DryWell

設 立
  2006年

工房所在地
  長野県北部

連絡先
   dw99@drywell.sakura.ne.jp 

代表者
  櫻井(サクライ)

主な活動内容
  万華鏡制作・イベント等での万華鏡販売・万華鏡写真撮影・万華鏡動画制作

主な活動場所
   デザインフェスタ  名古屋クリエーターズマーケット  他

0. Works(コラボ作品等) 
2015
0717
名古屋港区の家具屋「ファニチャードーム本店」様にて、涸井戸の万華鏡動画を使った、プロジェクターによる映像投影が開始しました。30分に1度、2、3分の上映だそうです。
 
1. 涸井戸年表 
????
2002

2006
2007
2009

2010

2012
卒業制作にて大型万華鏡制作
特殊万華鏡「金角・銀角」制作
デザインフェスタ初参加
テレイドスコープ制作開始
オイルタイプ技術習得
プロジェクター型万華鏡製作
新ロゴ制作
九天泡沫制作開始
万華鏡カレンダー制作
実用新案取得 
 
2.「涸井戸」成立とブースの変遷 








 涸井戸の前身に美術学校出身の四人が集まった「四也」というユニットがあった。
 作品の共通点が皆無の4人が集まり、作品をデザインフェスタで展示、販売した。
 この時にサクライが展示した作品は万華鏡「金角・銀角」と照明、コンクリートの塊。
 2回程の出展を経て四也は解散。

 数年後、サクライ個人でデザインフェスタに出展するにあたり、急遽決めた出展名が「涸井戸」である。当初の売り物はテレイドスコープのみだったが、出展回数が増えるたびに新作が増え、ブースも進化していった。

 
3. 涸井戸の作家 
作家名「サクライ」
昭和生まれ 長野出身 男 
趣味は写真撮影 好きな動物は猫と柴犬 

 万華鏡の作り方は、全て独学&ネットでの情報収集で習得。万華鏡教室に通った事も無いので師匠と呼べる人は皆無。陶芸教室には通いたいと思っている。
 
4. 今後の目標 
 万華鏡を見ながらゆったりできる喫茶店を企画(妄想)中。

 足元とテーブルの上だけを照らす暗めの店内、壁には万華鏡プロジェクターで映し出される美麗な映像。手元には万華鏡ブースから選んだ万華鏡を並べ、コーヒーを飲みながら万華鏡を楽しむ。

 
5. 著作権について 
当サイト「万華鏡工房 涸井戸」の写真・図版・記事などは、すべて著作物であり、著作権法で保護されています。

万華鏡工房 涸井戸の著作権は  櫻井俊也  に帰属します。

写真の著作物は著作権法第10条第1項1号、説明文=言語の著作物は著作権法第10条第1項8号。

私的使用を超えた利用は、おやめください。

なお、ブログやフェイスブックなどで記事として「涸井戸」を取り上げる場合は特に制限はございません。

商業的な目的で涸井戸の画像を使用したい方は、 万華鏡工房 涸井戸 櫻井 までご連絡ください。
All Rights Reserved, Copyright © Kaleido/DryWell/SAKURAI.